妊娠できない原因とは?

妊娠できない原因として高温、低温が二つに分けられていないという事があります。

本来であればひと月の間で低温期と高温期がきれいな状態で二つに分かれているはずで、これは正しく排卵がされているかどうかを知る目安になるのです。

高温低温が、二つに分かれてない理由は無排卵月経などの排卵障害となっていることもあると思います。

いわゆる妊活というと女性が主体的に行うことと考えられがちですが、夫婦ならば、妊活は男女ともども行うものといえます。

では、男性が出来る妊活の一つ、毎日の食事に注目してみましょう。

男性が妊活のために摂取すべき栄養素と言えば、亜鉛、アミノ酸の一つであるアルギニン、そしてビタミンE、ビタミンB群といったものを挙げることが出来ます。

こういった栄養素を毎日食べるようにして、妊娠の確率をより上昇させませましょう。

最近の日本では妊活でつらい思いをされているというご夫婦がたくさんいらっしゃると思います。

Continue reading

ストレスと妊娠について

ストレスが原因となって筋肉は緊張し、血流が悪くなってしまいます。

結果として、妊娠に重要な役割を果たす卵巣や子宮の機能が落ちます。

もしも働いている女性で、ストレスは大きいし、かつ生活習慣も乱れがちだ、という場合は、いっそのこと休職を申し出ることも考えてみてはどうですか。

妊活の時に、本を買って「産み分け」について学びました。

一人目に男の子を産んでいたので、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。

本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分けを実践していました。

その後、無事に妊娠し、性別が判明する時までは緊張しましたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。

主人も待望の女の子という事で大喜びでした。

妊娠してから便秘がちになったという方が決して珍しくありません。

大腸がしっかり動くようにし、便秘を解消するためにも腸内環境が正常でないとどれほど食事に気をつけて栄養を摂るようにしても、栄養素は腸から吸収されなくなります。

様々な栄養素が、腸内細菌の正常な働きで体内に吸収されるので、葉酸など栄養素を十分に摂取したければ、腸内環境を正常に保つことを常に気づかうのが賢明です。

お腹の中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。

この時に葉酸が大変重要な働きをするのです。

Continue reading